査定申し込み後の実際の査定の流れ、かかる時間はどのくらい?

車を売るにあたって、査定をしてもらいたいと考える方の中には
日中のお仕事が忙しかったり、お休みが不規則で時間が取りにくい方など、
様々な事情をお持ちの方がいらっしゃいますよね。
しかし実際のところ、

  • 「査定って実際何をやるの?」
  • 「忙しいし、どのくらいの時間がとられるか心配だなあ・・・」

なんて疑問を持つ人もいるのではないでしょうか?

Chu太郎

どんな事やるの?

この記事では車を査定する際の、そんなちょっとした疑問を解決します!

査定って何するの?査定士はどこを見る?

査定で見られるのは主にこんな所です。

  • バックカメラやカーナビなどの装備品(純正なのか社外品か)

  • 外装(ボディ)の状態、キズ、へこみ、汚れ

  • 内装(天井部分のたばこの黒ずみ、フロアマット、座席シートのしみ・汚れ、ペットの毛、車内のにおい)
  • 下回り、足回り(タイヤ、ホイール)

  • ボンネット内のエンジンルーム(ゆがみや脱着がないか、いわゆる事故車ではないかの判断)

  • 走行距離(平均的な走行距離か、過走行でないか等)

Chu太郎

査定にかかる時間としては各会社の査定の仕方にもよりますが、 大体15分〜30分くらいを目安に考えておけば大丈夫です。

少しでも高く売る為に、査定前に出来る事を知りたい方は
下記の情報も合わせてご覧ください。

愛車を高く売るなら? 高額査定のコツを紹介します

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です