車買い取りに必要な書類まとめ

買い取り先が決まったら、必要書類を確認しましょう。

買い取り先が決まり、いよいよ中古車を売却する段階になったら、

そのタイミングで揃えておくべき書類を事前に確認しておきましょう。

住民票の写しなどの書類は役所が平日しかあいてない事もありますので注意が必要です。

Chu太郎

円滑に車を売却するためにも、書類は前もって準備しておきましょう!

 

買取時に必要となる書類

  1. 自動車検査証(車検証)
  2. 自動車税納税証明書
  3. 自賠責保険
  4. 実印
  5. 名義人の印鑑証明書
  6. 住民票の写し(印鑑証明書と各書類に記載の住所が異なる場合)
  7. 委任状・譲渡証明書
  8. 自動車リサイクル券の預託証明書

自動車検査証(車検証)

Chu太郎

いわゆる車検証ですね。

ドライバーは法律が定めるところにより、
車を運転する際は必ず車検証を積んでおかなければなりません。
万が一、紛失・汚損してしまった場合は再発行が必要ですので、
下記の書類を準備して運輸支局で申請又は業者へ依頼をし、再発行の手続きを行って下さい。

ご自身で管轄する運輸支局で申請する場合

  1. 使用者の認印の押印がある委任状
  2. 車検証(汚損状態の物でも残っていれば用意)
  3. 理由書(紛失・盗難などで2.の車検証が用意出来ない場合に必要)
  4. 申請者の身分証明書
  5. 手数料納付書
  6. 申請書(第3号様式)

※再交付申請手数料が300円かかります。
※3の理由書は使用者本人が申請を行う場合、6の申請書と同内容を記入するため省略可能です。
※5.6に関しては当日運輸支局の窓口で配布されます。

お店(車屋さんや代行業者)に依頼して再発行する場合

  1. 使用者の認印の押印がある委任状
  2. 車検証(汚損状態の物でも残っていれば用意)
  3. 理由書(紛失・盗難などで2.の車検証が用意出来ない場合に必要)

 

自動車税納税証明書

毎年5月に送られてくる納税証明書です。
紛失してしまった場合、各都道府県の自動車納税事務所から再発行を申請してください。
(軽自動車の場合は各市区町村での再発行申請が必要です。)

クレジットカードやペイジー(Pay-easy)での支払いの場合、
納税証明書は発行されませんので、支払いの証拠として
支払い完了の画面などを写真保存、または印刷しておくとスムーズです。

自賠責保険

自賠責保険は、強制の加入証明書のことです。
紛失したり、期限が切れていたりすると車を売却することができません。
こちらも紛失している場合は再発行が必要ですので、
その場合は加入している保険会社に再発行を依頼しましょう。

実印

名義人の印鑑証明書

住民票の写し(印鑑証明書と各書類に記載の住所が異なる場合)

委任状・譲渡証明書

こちらは売却の際、買取店から渡されますので

必要事項を記入して提出してください。

自動車リサイクル券の預託証明書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です